Manmin News, Manmin, Manmin Central Church, drLee, jae-rock Lee
 
 

「福音と神の力あるわざ、慕っています!」_ 世界のあちこちで家の教会、支聖殿、支教会、教団設立
New Update
世界のあちこちで主の福音を聞いて恵みを受け、人生が変えられ、生ける神の力あるわざを体験する人々が増えていき ...
       
 
  
 

海外95か国からインターネットで入会申込み

万民ニュース   第 111 号
8984
2012. 01. 22


数百人のコロンビアの魂に仕えるために支教会開拓準備中



万民中央教会のホームページ(www.manmin.org)で「インターネット入会申込み」をする聖徒が増えている。
韓国語はもちろん英語、中国語(簡体字、繁体字)、日本語、フランス語、スペイン語、ロシア語の7言語で運営されているホームページには「入会申込」欄がある。これを通して2006年1月から現在まで、アメリカ、カナダ、ブラジル、パナマ、モルドバ、ルーマニア、デンマーク、ミャンマー、サウジアラビア、オーマン、トルコ、クウェート、ボツワナ、チュニジア、オーストラリアなど95か国からの申込みがあった。
支教会がなかったコロンビアでは、インターネットで入会した数百人の魂に仕えるため、首都ボゴタに支教会開拓を準備中だ。
この入会申込欄を開設するようになった背景は、全世界から本教会のホームページとGCN放送(世界キリスト教放送ネットワーク、www.gcntv.org)、イ・ジェロク牧師の著書と新聞「万民ニュース」を通して説教と証し、賛美に恵みを受けた多くの人が、教会員になるにはどうしたらよいかと問い合わせてきたからである。
その中の一人、ベネズエラのホセ・レオナルド牧師は「知人からイ・ジェロク先生の説教DVDをプレゼントされた後、うちの聖徒たちが一緒に聞いていて、とても恵みを受けています」と語り、感謝の気持ちを伝えた。ロシアのアルクィンバエフ聖徒は「インターネットで毎週イ・ジェロク先生の説教を聞いています。信仰の成長のために入会しました」と語った。また、ケニアのフランシス聖徒は「ファミリーテレビとインターネットでマンミンの働きに恵みを受けて入会しました」と言い、その後、家の近くのナイロビ万民教会の礼拝に参加した。
海外からイ・ジェロク牧師にいやしの祈りを依頼する手紙も日ごとに増え、世界中に万民中央教会が知られていることがわかる。2012年新年も、聖霊の爆発的なみわざとして現れる大きな驚くべき神の力で、世界をさらにすみやかに教区化していくであろう。
万民中央教会の各種礼拝はGCN放送で全世界の視聴者が参加している。イ・ジェロク牧師の説教は英語、日本語、中国語、フランス語、スペイン語、モンゴル語で同時通訳され、その他、賛美と教会行事、多様な証しなどの番組も放送されている。


 

 

 
よく読まれている記事
   

 
総合アクセスランキング
   

 


万民ニュース, 万民, 万民教会, 万民中央教会, イ・ジェロク牧師, drLee